世界銀行でインターンシップするには?【内容、応募方法を簡単解説】

UN

世界銀行でインターンの内容や応募方法は?

インターンすると採用に有利になるの?

の疑問にこたえます。

この記事では、世界銀行での夏季と冬季のインターンシップの内容、応募方法、就職への活用について解説します。

世界銀行でのインターンシップ・プログラム

修士/博士課程に在籍中の大学院生を対象としたプログラムです。

募集時期

インターンシップは夏季と冬季に年2回募集されています。

  • サマーインターンシップ(5~9月):応募期間 毎年12/1~1/31
  • ウィンターインターンシップ(11~3月):応募期間 毎年10/1~31

インターンシップ期間は最低4週間~最長5カ月です。

活動内容

分野は様々ですが、インターンの活動として主にこのような活動を行います。

  • データ分析
  • 調査の準備やアドミ
  • イベント開催サポート
  • 記事の議論
  • 分析調査
  • アドミ的な支援
  • ミーティングや研修への参加
  • 年次報告書の作成支援 など

応募資格

次の条件を満たす方には応募資格があります。

  • 世銀加盟国の国籍をもつ
  • 学部卒で、修士/博士課程在籍中のフルタイムの学生
  • 年齢制限なし
  • 語学は、英語が堪能であること。フランス語、スペイン語、ロシア語、アラビア語、ポルトガル語、中国語などもできると望ましい。
  • コンピュータースキルなど、その他スキルがあると有利。

インターンシップの分野

下記のような様々な分野でインターンシップの受け入れを行っています。

経済学、金融、人間開発(公衆衛生、教育、栄養、人口)、社会科学(人類学、社会学)、農業、環境、工学、都市計画、天然資源管理、民間セクター開発、およびその他の関連分野。または企業サポート(会計、コミュニケーション、人事管理、情報技術、財務、およびその他の企業サービス

給料

世界銀行でのインターンシップは有給です。

自給は20~30 US$/時間です。

マネージャーの指示で渡航する場合、最大3000 US$の渡航費が支出されます。

なお、インターン先のワシントンD.C.の世銀本部までの渡航費は自己負担で、ビザ(G4)も自分で取る必要があります。

募集枠

インターンの募集人数は各期で150~200人です。

全世界からの応募があり、競争率は高くなっています。

応募方法

次の書類を、オンラインで応募期間内に提出する必要があります。(メールでの申し込みは不可です)

  • 履歴書(CV)
  • 関心表明(Statement of Interest)
  • 修士/博士課程の在籍証明(Proof of Enrollment in a graduate degree)

留意点

世界銀行のインターンシップへの参加することは、将来に世銀で働くこと直結はしていません。

インターン期間中、そして終了後6カ月は、世銀のポジションに応募することはできません。

とはいえ、インターンに参加することで得られた経験や人脈は、将来に世銀のポジションへ応募する際にかならずや生きてくることでしょう。

詳しくはこちら>>The Bank Internship Program (BIP)

Take Action!

いかがでしたか?

この記事では、世界銀行での夏季と冬季のインターンシップの内容、応募方法、就職への活用についてご紹介しました。

世銀のインターンには、世界トップクラスの頭脳が集まります。

チャンスは、きっとあなたにもあります。

そのためには、世界銀行について知って備えましょう!

▽世界銀行について知りたい方

▽世界銀行で働きたい方

頑張るあなたを応援しています!次の記事で会いましょう!

出展

(注1) The Bank Internship Program (BIP)

コメント

タイトルとURLをコピーしました